ろぜの絵空事宝箱。

多﨑 ろぜの思考と日常。

誰かの話。10

「あなたの事がずっと羨ましかった。

 

私は11人兄弟だったから、屋敷には召使いがいたけれど、

私が住んでいた地域では、

『女が3人生まれたら、その家は廃れる』

って言われてたの。

 

だから、私が生まれた時、

生まれた事だけで悪い事の様に言われた。

女として生まれただけでね。

 

あなたも女として生まれたけれど、

生まれた場所も違うし、長女でしょ?

 

それに初めての女の子の孫だったし、

あちらの地域では、女が生まれるのって、

とても縁起の良い事とされていたのよね。

みんな喜んでた。

 

祝福されて生まれて来た事が、

同じ女なのにどうして?って、

悔しかった。」