ろぜの絵空事宝箱。

多﨑 ろぜの思考と日常。

女のいない男たち

映画をババッと更新したけど、

読書したものも書いてこう(´ω`)笑

 

村上春樹短編集。

ずっと読もうと思っていたけれど、

そのままになっていた。

 

でも読み始めたら、エンジンを掛けた車の様に

気付いたらするすると読み終わっていた。

 

面白かった。

 

 

村上春樹作品の、

知的で、上品な男女が出て来るところが好きだ。

嫌味っぽくない。

 

日常からふと非日常に足を踏み入れてしまう(大抵何かしらの前触れを持って)ところが好きだ。

 

村上春樹の作品は、

1Q84と、多崎つくると彼の巡礼の年と、

ノルウェイの森は読んだ。

 

ノルウェイの森』と書いて思い出したんだけど、

ノルウェイの森というのは当然の如く、

ビートルズの曲であって、

今回の『女のいない男たち』にも、

『イエスタデイ』という作品が含まれている。

この作品、関西弁が良かった。

何だか不器用なところも。

 

私はビートルズが好きだから、

ビートルズが好きな人って、つい愛おしく思ってしまう。

 

 

村上春樹の作品自体は、きっとまだ読んでいなくて面白い代表作が沢山あるから

他のものも、機会があったら読みたいな。

 

でも私は短編の方が好きだから、

この作品は合っていたと思う。

あんまり気負わずに読めるから。

 

 

男女の違いを感じたり、

別作品内の同じ地名から、あれ?と思ったり

運命の悪戯を垣間見たりした。

 

面白かった。