ろぜの絵空事宝箱。

多﨑 ろぜの思考と日常。

誰かの話。14

「その有名な画家の弟子で、

ダーッて目の前で、線で絵を描いて行くの。

 

そんな風な色に見えないのに、

途中から別の色を入れて、

乾く前に次の色入れないと混ざらないから、

もうとにかくダーッと。

 

足してく色について、

『その色は何の色ですか?』って聞くと、

『光の色』。

 

『光をひたすら見てると、

光の色が分かってくる』って言われて。

 

だから本当にその頃、

太陽とか蛍光灯の光をひたすら見てて、

目ぇおかしくなったもん。

 

でも分からなくて。ずっと。

だから成績もずっと悪かったんだけど、

5、6ヶ月経った時に、いきなり分かって。

なんか見えたんだね。

それから成績も上がって。

 

ゴッホの絵を見た時、ここ、

黒く見えるところあるでしょ?

 

普通の黒い輪郭に見えるんだけど、

ゴッホも光の色をこういうところに混ぜてて。

 

それ分かった時、

ゴッホすげー!』ってなったもん。

 

そういうのはありましたけどね。」