ろぜの絵空事宝箱。

多﨑 ろぜの思考と日常。

誰かの話。02

「あの頃、まだ私が可愛かった頃の話よ?

 

アイディアが溢れる程に出て来て、

とにかく浮かんだものを描いていったの。

 

デザインは学んだものの、作る技術も必要だと思って、

彫金の学校にも通った。

 

寝る暇も無いくらいだったけど、

溢れるものを止める事が出来なかったし、

夢中だった。

 

始めは自分で考えて、作って、ってやっていたけれど、

だんだん追いつかなくなって来て。

 

賞も戴いたりするようになって、

私の作品を良いと言って下さる方も増えて、

1人じゃ回せなくなって来たから、

職人を雇った。

 

自分でも作る事をやっていたお陰で、

おかしいところがあれば分かるし、

こだわりもあるから、雑にされていると分かるから、やり直させるし。

でも最近はダメね。目が悪くなって来て。

 

浮かんだものを描いて、作って、売って。

売る事は本当に大事。

そのために作ってるんだもの。

 

お客様に実際に身に付けて貰って、意見を貰ったり、

ああ付けてみるとこうだな、って、自分でも分かったり。

現場での意見は貴重だし、

次に作る時の参考になるから。

お客様の笑顔を見ると、また頑張ろうって思えるじゃない?

 

でもその行程全部を1人でこなすって、

もうこの規模になると無理なのよ。

だから振り分けてお願いしているし。

私は作る事に集中したいの。

買って下さるお客様もいるんだから。

 

そのためにあなたを選んだのよ。」