読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぜの絵空事宝箱。

多﨑 ろぜの思考と日常。

BIG EYES

f:id:aime925:20170421234208j:image

上映されてた頃から、

観てみたいと思っていたんだ。

 

ティム・バートンの作品。

 

湾曲した夫婦の関係の、アンバランス。

 

ただ上手くいっている状況には、

ティム・バートンは惹かれないだろうから。

 

 

途中で出て来る、

いかにもなパリの風景の絵、

アンディー・ウォーホル、

モディリアーニ

 

アンディー・ウォーホルとモディリアーニっていう、

その画家のチョイスがまた。

 

アンディー・ウォーホルは、

「機械になりたい」って言ってた様な人なんだ。

物凄く成功した人だけど。

 

モディリアーニは、

アーモンドみたいな目の、顔の細い人を描くんだけど、

首を傾ける向きが、人を不安にさせる方向に向いてるとか、

 

何かと明るい印象は無いな。2人とも。

そこがまたいい。

 

 

ティム・バートンが好きだな。

ひねくれるんだもん。

王道より、ちょっとひねた方に行く方が、

私にとっては愛おしい。

 

 

暗くて表にはなかなか出ない本当のところを、

えぐる様な、不健康な作品。

 

そう上手くはいかない方が、

かえって人間くさくて良いのかもな。