ろぜの絵空事宝箱。

多﨑 ろぜの思考と日常。

騎士団長殺し

村上春樹の最新作。

 

主人公が、肖像画を描く事を仕事としているのと、

友人の父親が有名な作家で、

あんまり詳しく書くと、ネタバレな気がするから書かないけど、

油絵の匂いがして来そうなくらい、

キャンバスに描いた絵達が、ありありと浮かんで来た。

 

 

村上ワールドと言えば、現実に潜む非現実的な事象が魅力的だけども、

今回も、最初は何のこっちゃと思っていたけれど、

気付いたら引き込まれていた。

 

大抵そうだ。

最初の方は、何のこっちゃと思う。

ノルウェイの森に迷い込むまでには、少しの時間が掛かる。

 

そして、お上品且つユーモラス。

知らない曲名が沢山出て来る。

シュトラウスの『薔薇の騎士組曲』は聴いてみた。

赤いビロードみたいで、加えてキラキラした曲だった。

 

あとね、主人公のジョークが結構好きだったな。

主人公が妻のゆずさんに、
ベッドで「すだち」って囁くのとか、

人妻が主人公に、
「あなたの右手で〜、左手で〜されたい」
的なエロい台詞を言った後に、
「右足はどうしたらいいかな」
って聞くのとか。

 

そして更によくある、亡くなった誰かの面影パターン!
今回もあります(* ´ ω ` *)ふふ。笑

 

 

やっぱり時空の歪みみたいなもので、異世界って突如現れるんじゃないかなって思ったり、

イデアやメタファーについて考えたり、

騎士団長が案外可愛かったり、

ご近所の紳士な免色(めんしき)さんがイケメンで、惚れそうになったり、←

 

読み応えあって、面白かった。

 

昔の作品を、ほぼ読んでないから、

いつかは読もうと思ってます。

いつかはね。笑