ろぜの絵空事宝箱。

多﨑 ろぜの思考と日常。

海賊とよばれた男

百田尚樹は、天才だ。

 

永遠の0』もそうだったけれど、

とにかく感涙の連続。

 

本当に何度泣いた事か。

電車内でも泣いてしまったよ。笑

 

ここまでの困難が襲って来ても、

それでも挫けない、信念を曲げない。屈しない。

 

その姿に、主人公の器の大きさを見る。

 

出光興産の創業者をモデルとしていて、

戦争が終わって間も無い時代から、

自分や会社の為ではなく、日本というこの国のために、

石油を普及させるべく世界と戦う、世界規模の話。

 

なんて言っても、私も読むまでその凄さが分からなかったから、

読むか、今度12月頃にロードショーの、映画を観たらいいと思います。笑

 

永遠の0にしても、海賊とよばれた男にしても、

お偉い方々が大絶賛していたので読んでみたんだけど、

読むとその意味がよく分かる。

 

経営している方々は、経営者としてのあるべき姿を、そこに見るんだろうな。

 

上下とあって比較的分厚めだけれど、その上下に人の一生が描かれているから、

ほんの一瞬や人生の一時の話ではない、

壮大で内容の濃いお話でした。

 

ちなみに海賊とよばれた男に、

永遠の0の主人公もちらっと出て来るから、

どちらも知っていればより楽しめると思う。