読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぜの絵空事宝箱。

多﨑 ろぜの思考と日常。

ピンクとグレー

加藤シゲアキさんの作品。
加藤シゲアキさんの、『傘をもたない蟻たちは』は読んで、結構好きだったんだけど
ピンクとグレーは読んでなくて。

 

ディストラクション・ベイビーズを観てから、
柳楽くんと菅田さんが共演してた作品として、
ピンクとグレーの名前を見て。

 

更に加藤シゲアキという人間に興味があって(ルックスと書くものと、アイドルにしてはちょっと控えめな性格だろうきっと。笑)、
上映してた時も気になってたけど、
ようやく観た。

 

 

渋谷が舞台。

何となく、『君の名は。』とか『言の葉の庭』とか、新宿が出てくると綺麗めで、

グラスホッパー』とか『ヘルタースケルター』とか、渋谷が出てくるとドロドロした感じになるイメージがある。

混沌としてるのかな。カオス。

 

 

『デート』っていうドラマを観てたから、
Hey!Say!JUMP(って書くのに抵抗あった← の中島さんには、好青年!ってイメージがあって。
その時の印象と近い時と、そうじゃない時があった。


あと夏帆ちゃんが出てて、良かった。
知らない夏帆ちゃんを観た。

 


綺麗なところと、ドロドロしたところが
ピンクとグレーを織り成していた。
或いは生と死かもしれない。
自然と馴染む、でも対になるその配色。

 


やれる事はみんなやるの。
やりたい事じゃなくて。